ニュース 

3D-CAD データ変換ソフトウェアの新シリーズ3D_Evolution© 2010 第21回設計・製造ソリューション展で発表

CAD データ変換ソリューションの世界的なリーディング企業であるフランスのコアテクノロジー社は、6月23日から25日まで東京ビッグサイトで開催される第21回設計・製造ソリューション展に参加し、アジアで初めて3D-CADデータ変換ソフトウェア「3D_Evolution©」 の最新バージョンを発表します(ブースNo.10-25)。
コアテクノロジー社は、10年以上に亘ってヨーロッパや北米市場で3D_Evolution©ソフトウェア・スイートを提供しています。今日、自動車、航空、消費財産業分野の世界の主要企業500社以上で採用されており*、ヨーロッパでは、まさに革新的な技術と比類なき柔軟性によって、市場の9割以上を占めています。 (*フォルクスワーゲン、ポルシェ、アウディ、ダイムラー、フォード、クライスラー、コンチネンタル、ボーイング、ロッキード・マーティン…)
今回発表する最新の3D_Evolution© 2010は、更に高速で使いやすく、新しい独自の新機能を組み込んでいます。
コアテクノロジー社はまた、世界に先駆けて同社の新製品「3D_Analyzer©」を出展します。この新世代のCAD データ表示・解析ツールは、とりわけ PMI (Product Manufacturing Information)のアノテーションとデータの表示、測定、品質検査、モデルとアセンブリの詳細比較、アセンブリ内における干渉の検知を可能にします。
6月23日から開催される設計・製造ソリューション展では、是非コアテクノロジー社のブース(No.10-25)へお越しください。これら新製品のライブ・デモンストレーションをご覧いただけます。

3D_Evolution© について
3D_Evolution©は、デザインから設計、計算、製造、バーチャルファクトリという製品設計の一連のサイクルにおける顧客、下請業者およびパートナーとのデータ交換を容易、且つ柔軟にするソフトウェア・スイートです。社内で開発された多数のネイティブインターフェース(CATIA©、Unigraphics©、ProEngineer©、Ideas©、SolidWorks©、Robcad©等)と、SASIG/JAMA認証の品質管理ツールの利用に対し、この超高精度修正技術を備えた3D_Evolution©があればCAD データ変換のすべての問題に効果的に対処することができます。
コアテクノロジー社が開発した“フィーチャベース”テクノロジーが驚くべき速度と精度を実現し、モデルの構築履歴とパラメータを保ったままデータ移行を行なうことができます。
データ変換の諸問題に対する諸機能に加えて、大規模モデル比較、複雑な表面のオフセット、デジタルモックアップのための超大型モデルの形状簡略化といった、プロセスの最適化と自動化のための機能も含まれ、3D_Evolution©はCAD システムが苦手とする領域を補足しています。こうした問題に対する解決法を用意することで、3D_Evolution©は、操作性の向上、演算スピードアップ、コスト削減を実現します。

BETA CAE Systems、CT コアテクノロジーのコラボレーション用ソリューションを採用

自動車業界、航空業界向けに有限要素解析(FEA、Finite Element Analysis)ソフトウェアを開発しているギリシャ・テッサロニキの BETA CAE Systems は、CT コアテクノロジーのネイティブ API(Application Programming Interface)を活用しています。成長を遂げているシミュレーション アプリケーション分野で多くのシステム サプライヤーやエンド ユーザーが直面している課題が、異なる 3D CAD システム由来のデータを読み込むためにかかる、膨大な時間です。この場合、さまざまな CAD フォーマットのデータを、それぞれのプログラムのライセンスがなくても直接読み込むことができる、強力なネイティブ インターフェースが非常に有効です。そこで BETA CAE Systems は共同制作の体制を強化するために、CT コアテクノロジーの API を選びました。CT コアテクノロジーが開発したソフトウェアのコンポーネントやインターフェースは、主要な CAx 製品において最適なパフォーマンスを提供することで定評があります。ソフトウェア ソリューションに直接統合できる 3D_Evolution API により、ANSA をはじめとする BETA CAE Systems の製品ラインアップは CAD ライセンスがなくても主要なネイティブ フォーマットをロスレスで、しかも短時間で読み込むことができます。API が同社製品のメッシャーに統合されたことにより、CATIA V4/V5、Pro/ENGINEER、Unigraphics のデータを直接使用することができます。さらに CT コアテクノロジーのソフトウェア コンポーネントは同時にメッシュ生成のスピードアップを実現し、3D_Evolution カーネルのヒーリング機能により、インポートしたモデルのデータ品質も向上します。C++ 言語によるこの API は非常にコンパクトな設計で簡単に統合が可能で、すべての主要フォーマットをサポートしているため、ほかのアプリケーションの統合が不要になります。 API とインターフェースのテクノロジーは、1999 年にデビューした CT コアテクノロジーの汎用データ変換ツール 3D_Evolution がベースとなっています。3D_Evolution は 300 を超えるエンド ユーザーに愛用されている、最高レベルの相互運用ソリューションです。

CT コアテクノロジー、JT Open プログラムに加入

業界トップのデータ変換ソフトウェア「3D_Evolution」で知られる CT コアテクノロジーは、2008 年 9 月にシーメンス PLM JT Open プログラムに加入しました。加入の理由として、JT フォーマットの重要性が増していること、そしてそのテクノロジーが大きなポテンシャルを秘めていることが挙げられます。JT Open プログラムはシーメンス PLM ソフトウェアが設立したデータ交換用の国際的なオープン プラットフォームで、PLM バリュー チェーンに関与するすべての企業の活動を円滑化するために、ビジュアライゼーション、コラボレーション、データ共有の標準化を目的としています。2008 年 9 月末に米国テキサス州ダラスで開催された第 1 回 JT Open 国際会議は、CT コアテクノロジーにとって航空業界や自動車業界の顧客とのコミュニケーションを強化する絶好の機会となり、製品製造情報(PMI、Product Manufacturing Information)や品質管理、3D モデルの長期保存(LTDR、Long Term Data Record)などの重要なテーマに関するソリューションを提示することができました。特に CT コアテクノロジーのネイティブ インターフェース、ヒーリング テクノロジー、品質管理(VDA チェッカー)における豊富な実績が実を結びました。プロセス インテグレーション、そしてシミュレーション テクノロジーの需要と重要性が増す中、ネイティブ 3D CAD データの効率的な相互運用が重要視されています。このプログラムへの加入により、3D_Evolution のユーザーはすべての CAD システムのネイティブ データを JT フォーマットに素早く変換することができ、ネイティブ インターフェースでの最適なプロセス インテグレーションを実現でき、PLM 環境の既存の変換ツールも、そのまま使用できます。CT コアテクノロジーのネイティブ インターフェースの主な利点となるのが、CAD データにギャップを発生させることなく、さらに CAD システムのライセンスを必要とすることなく、必要な情報がすべて利用できる点です。

横浜からロング ビーチまで。トレード ショーへの参加を強化

CT コアテクノロジーは米国カリフォルニア州ロング ビーチで開催された PTC/USER World Event で、同社のコラボレーション ツール 3D_Evolution の革新的技術を示すデモを行いました。PTC ソフトウェアの専門家やソリューション プロバイダーが集うこのイベントで、CT コアテクノロジー チームは大きな成功を収めました。CAD の効率的な相互運用ソリューションに対する需要が高まる中、当社ブースの訪問者は、フィーチャー ベースのモジュール(特に Pro/ENGINEER との 3D CAD モデルの相互変換)、知的財産の保護に欠かせない単純化モジュール、顧客ごとにカスタマイズしたインターフェース インテグレーションを提供する OEM ソリューションなど、さまざまなモジュールに大きな関心を寄せていました。このイベントでの好評をもとに、CT コアテクノロジーは米国自動車サプライヤーの中心地であるオハイオ州に続き、航空業界のトップ企業の多くが本社を構える米国西海岸への事業展開を模索しています。
CT コアテクノロジー、日本への事業展開を実現

CT コアテクノロジーの革新的な CAD 相互運用ソリューションが日本市場でも好評を得ています。その関心の高さは 2008 年 5 月に横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展」における当社のブースへの訪問者数からも伺えます。人とくるまのテクノロジー展は東京モーターショーほどの規模ではないものの、約 300 社が出展し、自動車エンジニアリングに精通した方々を中心に 6 万人を超える来場者数を記録するなど、世界各国の自動車業界のサプライヤーが集結する展示会です。つまり、際立ったソフトウェア ソリューションを持つ当社のような企業にとっては理想的なイベントと言えます。革新的な 3D_Evolution テクノロジー、特に FEM ツール(ジオメトリの最適化、フィーチャーの除去)、フィーチャー ベースのモジュール(履歴、パラメータを含めた CAD モデルの変換)、単純化モジュール(重要な知的財産保護〔IPP、Intellectual Property Protection〕を実現する境界ジオメトリの作成)などの各機能が大きな注目を集めました。CT コアテクノロジーは今展示会で大成功を収めました。トヨタや日産とのプロジェクトが進行中で、データ変換ツールの 3D_Evolution が両社のデザイン プロセスに組み込まれることが期待されます。

Intrinsys 社が英国での新パートナーに

イタリア、米国、日本でのパートナー契約に続き、英国における CT コアテクノロジーのインテリジェント ソリューションのマーケティングを担う新たなリセラーが加わりました。英国ミルトン キーンズ市に本社を置く Intrinsys は、1998 年の設立以来エンジニアリングのコンサルティング、製品ライフサイクル管理(PLM、Product Lifecycle Management)アプリケーションのソリューションを提供し続け、自動車業界、航空宇宙業界をはじめとする各業界トップの OEM をサポートしています。一方、CT コアテクノロジーは相互運用性を最適化するソリューションの需要が高まる中、ソース システムのライセンスがなくても大容量の 3D CAD モデルのデータ変換をロスレスで実現する、高機能でありながら使いやすいデータ変換ツール、3D_Evolution を世に送り出しています。フィーチャーの認識、インテリジェント ヒーリング、モデルの単純化などの各種モジュールによって時間とコストが大幅に削減され、その結果、複雑化するデータ変換作業における課題を完全に払拭します。

© CT コアテクノロジー。All rights reserved.

CORE TECHNOLOGIE