• 相互運用ソフトウェア

  • マルチCADビューワー

  • CADインターフェース・ツールキット

3D_Evolution

相互運用ソフトウェア

3D_Evolutionは、CADデータ変換をはじめとするコラボレーションツールです。 バイナリ解析技術と独自のアルゴリズムにより、様々なCADフォーマットをダイレクトに読み込み、データ変換やPDQチェック、修復、軽量化等が可能なソフトウェアです。

データ変換は、形状のみならずフィーチャー、パラメータ、PMI、メタデータ、関連図面を含むデータの変換が可能です。

単純化モジュールによるパーツの内部形状やアセンブリの内部パーツの削除機能にて、3Dデータの軽量化や機密保護化が可能です。

簡略化モジュールによるフィーチャーの削除機能にて、CAE解析用モデルの最適化が可能です。

データ比較モジュールによるパーツの形状、アセンブリ構成、PMIの変更等の検出が可能です

3D_Evolutionはその他にも、肉厚チェックやドラフトチェック、干渉チェック等の便利で多彩な機能を集約した相互運用ソフトウェアです。

詳細はこちらから

3D_Analyzer

マルチCADビューワ

3D_Analyzerは、長年の開発から生み出された高度な3Dビューワをベースとした、複数の検証機能を集約したソフトウェアです。

パワフルなグラフィックスと超高速インターフェイスを備えた3D_Analyzerは、バイナリー解析技術により大容量の3Dデータを高速に読み込み検証できます。 ハイエンドなインターフェイスは、B-rep情報やフィーチャー情報、テッセレーション情報、PMI、メタデータを読み込むことが可能です。3Dビューワは正確に表現したB-Repやテッセレーションを使用しており、高精度な測定とモデルプロパティの計算が可能です。

検証機能には、干渉チェック、肉厚チェック、データ比較、抜き勾配チェック等があり、検証結果は3D PDFにて出力し情報の共有化が可能です。

詳細はこちらから

3D_Kernel_iO

CADインターフェース開発キット(SDK)

3D_Kernel_IOは、アプリケーションにCADインターフェイスを柔軟に組み込むことが可能なソフトウェア開発キット(SDK)です。

製品への組み込みを行うことを前提に作られており、C++開発環境から手軽に利用することが可能な開発用モジュールです。 Windows、Linux、Mac環境に対応しています。

3D_Kernel_IOのCADインターフェイスはB-Rep形状、サーフェスデータ、モザイクデータ、アセンブリ構成、点、カーブ、および名前・属性・レイヤーなどの属性に対応しており、加えて、主要CADフォーマットのフィーチャー履歴、PMIおよびメタ情報の読み込みにも対応しています。

20以上のCADフォーマットのデータを読み込むことに限らず、誤差エッジ、重複要素、ねじれ面、微小面などの品質エラーの検出、修正機能、データ変換機能、生産要件検証機能、外形抽出機能など、お客様の仕様に合わせた機能を追加できます。

詳細はこちらから

4D_Additive

積層造形ソフトウェア

4D_Additiveは、すべての主要な3DフォーマットのCADデータを短時間で3Dプリンター用のデータに最適化することができます。 洗練されたチェック、ヒーリング、修復機能により、高品質のメッシュモデルを準備できます。

肉厚チェックやクリアランスチェック等の検証機能も備わっており、ファイルを最適化するのに役立ちます。 さらに、ソフトウェアは、B-Repジオメトリに基づいて、異なる製造プロセスのファイルを自動的に分析しソートすることができます。

軽量構造を作成するために、自動的にハニカム、オクテットトラス、ミドルポイントによる格子構造を計算できます。 金属プリンターの場合、ソフトウェアはサポート構造を作成します。

造形空間や利用可能な材料などの一般的なデータは統合されており、インテリジェントなネスト機能により部品の配置が容易に行うことができます。

詳細はこちらから

ImprintPrivacy© Copyright CT CoreTechnologie Group 2018