• 3D_Evolution

    相互運用ソフトウェア CAD・CAE・CAMプロセスの円滑に

CADデータ変換

3D_Evolutionは、バイナリー解析技術により、様々なCADフォーマットのデータ変換(入出力)を高速、且つ高精度に行います。

また、SASIG、VDA(ドイツ自動車工業会)に準拠したヒーリング機能により、誤差エッジ、重複要素、ねじれ面などの様々の不具合を自動的に修正します。

詳細はこちらから

JT変換

ダイムラー社はJTフォーマットを使用して、PLM XML及びSTEP AP242をサプライヤーと共有しています。3D_EvolutionのJT変換ツールはダイムラー社より正式な認定を受けており、ダイムラー社の基準を満たしたツールです。

詳細はこちらから

フィーチャー情報変換

3D_Evolutionは、高い確率でフィーチャー情報の変換も可能です。Catia V5、NX、Creo、SolidWorks、Inventor等の主要なCADフォーマットに対応しています。

詳細はこちらから

3Dデータ単純化

3Dデータ単純化は、外観形状のみ短時間で抽出し、協調設計における機密保護化とデータの軽量化を行います。

詳細はこちらから

3Dデータ簡略化

3Dデータ簡略化は、FEMツールとしてシミュレーション環境におけるCADとCAE間のギャップを埋めるためのツールです。形状簡略化や中立面の作成等によってCAEシミュレーションモデルに最適化します。

詳細はこちらから

3Dデータ検証

3Dデータ検証には、データ比較、干渉チェック、クリアランスチェック、肉厚チェック、ドラフト解析の機能があります。 様々なCADフォーマットに対応しています。

詳細はこちらから

データ品質の最適化

データ品質チェック機能は、SASIGとVDA(ドイツ自動車工業会)のガイドラインに則り、データ品質の最適化を行います。

3D_Evolutionはエアバス社とのコラボレーションによりSTEP AP242による長期保管データの変換にも対応しています。

詳細はこちらから

Enterprise Data Manager 処理

EDMは、データ規模やユーザー数に制限なく3D_Evolutionを運用するウェブベースのインターフェースです。ウェブブラウザでEDMを会社全体でご利用いただけます。

海外のユーザーから依頼される変換ジョブは、バッチ処理により1つまたは複数の変換サーバーで行われます。

大規模データの処理には、マルチCPUおよび複数のサーバー間の並列分散処理で行うことが可能です。

詳細はこちらから

Digital Mock Up 検証

品質保証は、製品開発のあらゆる場面で欠かせません。DMUプロセスにおける干渉チェックは大変重要です。

干渉チェックやクリアランスチェック等は大規模アセンブリデータも高速に処理することができます。

詳細はこちらから

ImprintPrivacy© 著作権 2015 CT CoreTechnologie Group グループ