• Advanced Analysis

    Advanced Analysis Geometry analysis and validation

外部ファイル比較モジュール

外部ファイル比較モジュールは大規模アセンブリの構成変更と各パーツの変形箇所を検出するツールです。変換前と変換後のモデル比較により、変換の完全性&整合性を評価するためにも役立ちます。

比較対象は:

• パーツ&アセンブリの形状変形(B-Rep形状&モザイクデータに対応)

• アセンブリ構成(パーツの追加・削除・移動)

• PMIの位置、トレランスおよびサマンティック情報

• 履歴情報(フィーチャ有無、パラメータ等)

データ比較に伴う機能:

• バッチ処理+対話処理両方可能

• 動的断面と測定機能

• 複数ビューポートで2つのモデルを同時に表示

• 閾値によるビューフィルター

• 徹底的なレポートファイル作成

干渉チェック

3D_Evolutionの干渉チェック機能はJT、Catia、NX、SolidWorks、Creo、PLMXML等の様々なフォーマットの干渉チェックに対応します。

干渉の計算アルゴリズムは各要素のボクセル表現から近接関係を高速に計算し、近接要素間の干渉を正確に計算します。

対話モードでの干渉チェックができ、大規模データの処理に向けマルチCPUおよび複数のサーバー間の並列分散処理も可能です。検出される干渉HTMLレポートにもファイル名&画像付きで一覧され、ドラッグ&ドロップ操作で個々の干渉をビューワーで確認することができます。

最短距離測定

クリアランスチェック機能はアセンブリのパーツ間の距離を測定します。任意の閾値が設定でき、透明度や動的断面によりクリアランスの不適切箇所を用意に確認することができます。

クリアランスチェック機能はパーツ間のクリアランスの他、パーツ内のクリアランス検証にも適用できます。

肉厚検証機能

肉厚チェック機能は不適切な肉厚の箇所(薄肉又は厚肉)を検出するための機能です。直線方向で距離を計算する「レイ方式」、挿入可能な球の直径を計算する「球方式」及び比較的弱い箇所を検出する「比率計算」に対応します。

透明度、動的断面、ビューフィルター及び色表示のリアルタイム操作で複雑なモデルを最短期間で検証することができ、検証結果を配色+注記付きで3D-PDFフォーマットへ保存することができます。

ドラフト検証機能&アンダーカット検証機能

ドラフト検証機能は指定のドラフト方向に対して抜き勾配が十分に適用されているかを検証するための機能です。

アンダーカット検証機能は部品の抜けない部分を検出するには最適です。抜き方向の指定だけでアンダーカットのあるフェースが分類されます:

• 方向1アンダーカット:部品の上から表示されないフェース。

• 方向2アンダーカット:部品の下から表示されないフェース。

• 閉塞アンダーカット:部品の上からも下からも表示されないフェース。

• 許容アンダーカット混在:両方向に抜き勾配されているフェース。

3D_Evolutionの他の検証機能と同様に、色+注記付きの検証結果を3D-PDFフォーマットで出力することができます。

 

ホームへ戻る

詳細へ

    ImprintPrivacy© 著作権 2015 CT CoreTechnologie Group グループ