• Feature Based

    フィーチャー変換機能

設計変更可能なモデルへの変換

3D_Evolutionのフィーチャー変換技術はフィーチャー履歴も含むCADデータの完全変換を行います。Catia V5、NX、Creo、SolidWorks、Inventor等の主要なCADフォーマットに対応します。

• フィーチャー履歴情報&パラメータの変換

• アセンブリ構成の変換

• スケッチおよびその拘束&注記の変換

• 2D図面と関連性情報(2D対3Dのリンク等)の変換

3D EvolutionのインターフェイスはCADライセンス及びAPIを使用することなく、全てのフィーチャーとパラメータを生データから直接的に読み取ります。

損失の無い変換のため、3D Evolutionは変換先CADシステムの特徴(使用可能なフィーチャー、データ構成など)を考慮した上で、モデルツリーの最適化を行います。

最適化されたフィーチャーはプラグインを通じて、変換先CADシステム内から再生されます。

変換結果の自動バリデーション

外部ファイル比較機能は変換前と変換後の形状比較により変換結果の自動バリデーションを行うことが可能です。変形箇所が検出される場合はその詳細を含むレポートが作成され、変形箇所を表すCTフォーマットまたは3D-PDFフォーマットでの軽量データも作成されます。

スケッチ+その拘束の変換

3D Evolutionによって変換されるフィーチャー(押し出し、ポケット、ロフトなど)のスケッチ拘束と注記まで保たれているため、設計者の意図が余されて下流の工程を元データのように効率的に進行することができます。

図面+その関連性も

Catia V5→NXのマイグレーションにおいて、図面対3Dモデルの関連性も保たれており、元データのように3Dモデルの設計変更は図面にも反映されます。

フィーチャー履歴のあるモデル対図面の関連性の他、必要に応じてB-Repモデル対図面の関連性を保つことも可能です。

ホームへ戻る

詳細へ

    ImprintPrivacy© 著作権 2015 CT CoreTechnologie Group グループ