• Feature Based

    フィーチャー変換機能 様々なCADフォーマットのフィーチャー変換に対応

フィーチャー情報変換

3D_Evolutionは、フィーチャー情報の変換も高い確率で実行することが可能です。Catia v5、NX、Creo、SolidWorks、Inventor等の主要なCADフォーマットに対応しています。

CADライセンスやCADシステムのAPIを使用することなく、3Dデータからフィーチャー情報やパラメータを直接読み取ります。

変換先CADシステムのフィーチャーやデータ構造を考慮して最適化します。最適化されたフィーチャー情報はプラグインを通じて、変換先CADシステムにて再生が可能です。

フィーチャー情報変換の特徴は以下の通りです。

・フィーチャー情報、パラメータの変換に対応

・アセンブリ構成の変換に対応

・スケッチとその拘束、注記の変換に対応

CADデータ変換後の検証

変換前後のデータは、データ比較ツールにて確認することが可能です。差異が検出された場合は、レポートが出力されます。

また比較結果は視覚的にも分かりやすく、CTファイルや3D PDFによる結果出力も可能です。

スケッチの変換

フィーチャー情報変換では、拘束や注記を含んだスケッチも変換することが可能です。設計意図を含んだスケッチを保持することで、後の作業を効率良く行うことができます。

図面の変換

Catia v5→NXの移行においては、図面と3Dデータの関連性を保持することが可能です。これにより3Dデータの変更を図面に反映することが可能です。

3DデータがB-Repデータの場合も同様に図面との関連性を保持することが可能です。

ホームへ戻る

ImprintData Protection© Copyright CT CoreTechnologie Group 2018