• VDA Checker

    Quality Checker Product data quality and validation

SASIG&VDA準拠の品質検証

3D_Evolutionの品質チェック機能で、CADデータをフォーマットにかかわらず検証することができます。SASIG及びVDA 4955/2(ドイツ)ガイドラインに則るツールです。

フェース、サーフェイス、カーブまたはトポロージの品質エラーがモデル上で正確に表示され、モデルツリーの操作で特定のタイプのエラーを一括で表示することができます。3D_Evolutionの自動ヒーリング機能はねじれ面、微小面等の様々な品質エラーにも対応します。

SASIG及びVDA 4955/2に則るチェックの他、顧客の要件に併せたカスタム検証プロファイルの保存も可能です。検証結果はチェック項目及び閾値を含むHTMLレポートで保存されます。3D_Evolutionの他の機能と同様に、品質検証は個々のパーツとアセンブリにも適用でき、バッチ処理も可能です。

長期保管データのバリデーションプロパティ検証

GVPチェック機能は、航空宇宙産業の要件に併せて、LOTAR(long-term archiving and retrieval)長期保管ガイドラインに則るツールです。

3D_EvolutionはSTEP AP242のバリデーションプロパティを計算し、ファイルに記録されているバリデーションプロパティとの一貫性を評価し、閾値を上回る差異を明確に表示します。結果はLOTARガイドラインに則るTXTレポートに出力され、HTML及びCSVフォーマットでのレポートも出力されます。GVPチェック機能はLOTARガイドラインの全タイプのバリデーションプロパティに対応します:

• 形状におけるバリデーションプロパティ。例:体積、面積、中心点、COPS(点群)等

• アセンブリにおけるバリデーションプロパティ。例:個数、ソリッドの中心点

• PMI(3D注記)におけるバリデーションプロパティ。例:折れ線のカーブ長さ比較等

• モザイクデータにおけるバリデーションプロパティ。例:中心点、サーフェイス面積等

• コンポジットにおけるバリデーションプロパティ。例:列やカットピースの個数等

3D_Evolutionの他の機能と同様にバッチ処理が可能なツールです。

JTデータ検証

JTフォーマットは形状、構成及び可視化の様々な表現が可能な複雑なフォーマットです。

JT検証機能はJTファイルが特定の基準に則るかを検証するには最適です。ユーザーの要件に併せて検証項目及び閾値を自由に定義しカスタム検証プロファイルとして保存することができます。JT検証はワンクリックで行われ、バッチ処理もできます。

検証対象:

• 形状(格ボディタイプが定義されていること等)

• LOD(格LODの有無及びパラメータ等)

• PLMXML(外部参照が存在すること等)

• 単位、メータ情報等の様々な属性

• Monikerの検証及び自動修復

JTデータ検証機能はダイムラー社認定と検証ツールとして、ダイムラー社とのデータ交換に役立ちます。また、仕様の適合性を確認することにも役立ちます。尚、STEP AP242の様にバリデーションプロパティの書き出し及び検証が可能になりました。

フィーチャー検証&リンク検証

フィーチャー検証機能はCatia V5、NX、SolidWorks及びCreoデータの各フィーチャーに対して必要パラメータの有無及びその値を検証します。

リンク検証機能はアセンブリの外部参照、図面対3Dのリンクなどのリンクを検証し、ゴーストリンクの検出に最適です。

ホームへ戻る

詳細へ

    ImprintPrivacy© 著作権 2015 CT CoreTechnologie Group グループ