• VDA Checker

    Quality Checker Product data quality and validation

SASIGとVDA準拠の品質検証

データ品質チェック機能は、SASIGとVDA(ドイツ自動車工業会)のガイドラインに則り、データ品質の最適化を行います。

エラーがある場合、モデル上やパネルにエラーが表示されます。ヒーリング機能により、ねじれ面、微小面等の様々な品質エラーを修正します。

SASIGとVDA 955/2(モデル品質に関わる規格)に則るチェックの他、顧客の要件に併せたカスタム検証プロファイルの保存も可能です。検証結果はチェック項目を含んだHTMLレポートで保存できます。

自動処理も可能です。

長期保存データのGVPチェック

GVPチェック機能は、航空宇宙産業の要件に併せた、LOTAR(Long-Term Archiving and Retrieval)=長期保管ガイドラインに則るツールです。

長期保存フォーマットであるSTEP AP242のバリデーションプロパティを計算し、ファイルに記録されているバリデーションプロパティとの一貫性を評価し、閾値を上回る差異を明確に表示します。

結果はLOTARガイドラインに則るレポートが出力されます。GVPチェック機能はLOTARガイドラインの全タイプのバリデーションプロパティに対応します

• 形状の体積、面積、中心点、点群等

• アセンブリの構成数、ソリッドの重心等

• PMIのプロパティ情報

• 多面体の重心、サーフェス面積等

• コンポジット(列の個数、カットピースの数等)

他の機能と同様に自動処理も可能です。

JTフォーマット検証

JTフォーマットは、高性能であり軽量、且つ正確に様々な情報を格納できる中間フォーマットです。

JTフォーマットの検証機能は、ユーザーの要件に併せて定義された特定の基準を満たしているか検証できます。バッチ処理も可能です。

対象は以下の通りです。

• 形状情報(NURBS、B-Repなど)

• LODの数と粗さ

• PLM XML(アセンブリ情報)

• メタ情報や名称、単位等の属性

• 識別子の検証と自動修復

3D_Evolutionは、ダイムラー社のJT変換ツールとして正式な認定を受けています。

フィーチャー検証とリンク検証

フィーチャー検証機能は、データ品質を最適化するため、主要なCADシステムによるデータの各フィーチャーに対してパラメータを検証します。

リンク検証機能は、アセンブリの外部参照や、図面と3Dデータのリンク等を検証します。

ホームへ戻る

ImprintPrivacy© 著作権 2015 CT CoreTechnologie Group グループ