3D プリンタの CAD モデルから直接選択します


3D プリンタの CAD モデルから直接選択します

「CoreTechnologie 」 は、「 Formnext 2021 Exhibition 」 で、革新的な 3D 印刷ソフトウェア

4D_Additive の改訂版を発表しています

「CoreTechnologie 」 は、有名な 3D 印刷ソフトウェア 「 4D_Additive 」 をさらに開発し、 2021 年 11 月 16 日から 19 日までドイツのフランクフルトで開催される 「 Formnext 」 展示会で最新バージョ ンを発表します。

1 つのソフトウェアで CAD システムから 3D プリンタに移行できます 。

「EOS 」 、 「 Photocentric 」 、 「 HP 」 、 「 Volumic 」 プリンタへの直接接続を新しい 「 4D_Additive 」 ソフトウェアバージョンに統合することで、データ処理が容易になります。 一般的なすべての CAD 形式のモ デルと三角パッチ STL デー タを読み込み、印刷の準備を行い、プリンタに直接送信することもできま す。 独自の機能は、正確な CAD データを処理することで、 CAD システムと同様に 3D モデルを変更 できるようにすることです。 このソフトウェアスイートにより、さまざまな ツール を複雑かつ時間のか かる方法で使用する必要がなくなります。 「 Formnext 2021 」 フェアで初めて発表された 「 4D_Additive 1.4 」 バージョンでは、 「 Eosprint 」 ソフトウェア開発キット (SDK) を統合することで、現在の 「 EOS 」 マシンに直接印刷ジョブを送信することもできます。

新しいコンポーネント設計とDMC コードの生成です 。

「 4D_Additive 」 ソフトウェアの改良された 格子( Lattice モジュールにより、複雑な 3D 格子構造を 数秒で生成できます。 自然グリッドをエミュレートするために、ジャイロパターンと小柱 T radebular 構造 を使用して、新しい設計を作成し、コンポーネントの安定性、応力分布、衝撃吸収を最適化します。 機能 地帯 とそ の密度の変化に加えて、さまざまなグリッドタイプを使用することで、形状を必要なプロ パティに正確に適合させることができます。

新しい「 4D_Additive 」 ソフトウェアを使用すると ' 高解像度のテクスチャとラベルが CAD モデル と 「 STL 」 データで生成されます さらに、この新しいツールには、特殊なバーコードスキャナで読み 取ることができる 「 DMC 」 コードを生成する機能が含まれています 。 モジュールの化学物質データベ ースでは、 5,000 を超える定義済みのサーフェス設計にアクセスできます。 最後に 独自の個別のサーフ ェスデザインやレタリングを作成することもできます。

AIでネスティングを行います 。

新しい「 4D_Additive 1.4 」 バージョンの改良されたネスティングモジュールでは、適応ボクセル技術 と人工知能を使用して、機械の建物スペースを効率的に使用し、さらには部品の分配を行い、熱による巣 を回避します。 新しい 「 パワーコピー 」 機能により、部品の輪郭に近い乗算が可能になります。 マルチ プロセッサテクノロジにより、 「 ハイ ネスト 」 化の計算速度が向上します。

スライスとサポートです。

「SLA 」と「 FDM 」 要件の場合、新しいソフトウェアにはサポートジオメトリ、特殊な 「 FDM 」 ハッチ ング戦略、および 「 G C ode 」 ジェネレータがあります。 高解像度 3D プレーヤーを使用すると、個々の レイヤーを表示 出来ます。 サポート構造は、 「 B Rep 」 として自動的に生成されます。つまり、ユーザー が個別に修正 と 適合するための編集可能な CAD 形状として生成されます。

ImprintData Protection© Copyright CT CoreTechnologie Group 2018