• Advanced Analysis

    ハイレベルな分析 ジオメトリーの分析と検証

モデルの比較

各種比較機能は、すべてのメジャーCAD形式において、パーツとアセンブリ部品間の比較することで、データ変換が正しく行われたことが確認可能です。

正確な自動計算により、意図しない編集や変換エラーによる不具合を効率的に防ぎ、費用と工数のかかるCADモデルの手動検査を回避できます。ツールには下記があります。:

・パーツとアセンブリの比較 (例えばB-REPおよびテッセレーションモデル)

・新しい部品、欠落している部品、および移動した部品のアセンブリ構造比較

・PMIの寸法、公差、およびアノテーションの情報比較

・フィーチャー、パラメータ、モデル履歴の属性比較

その他の機能として:

・バッチ処理による自動化

・クリッピングおよび測定機能

・モデル二つ表示可能なマルチビューポート

・変更された部品や領域の値によるフィルター機能

・詳細なログファイル

さらに、カラースケールとアノテーション情報を含む3D-PDFモデルを作成可能で、一般的なAcrobat Readerで確認することができます。当社のソフトウェアは、航空宇宙産業における長期データ保存と情報検索(LOTAR)の認定も承認されています。

モデル比較や壁厚チェックなどの分析機能の重要な結果も、簡単にデータ作成が可能です。

干渉検出機能

干渉検出機能は、高性能なデジタルモックアップ(データによる試作品)環境を可能にし、JT、CATIA、NX、SOLIDWORKS、Creo、PLMXMLなどのすべてのメジャーCAD形式で使用可能です。 非常に大きなデータのDMUレビューの場合、強力な視覚化とDMUナビゲーションだけでなく、マルチプロセッサー処理により短い計算時間で対応可能です。

近隣検索と新しいリビジョンの計算のためのインテリジェントなテクノロジーにより、計算時間が効率的に短縮されます。プロセスとスクリプト言語を書き換えることでソフトウェアのカスタマイズもでき、高い柔軟性と多くの可能性を提供します。

DMUチームでのコラボレーションを高速化するために、統合されたビューアを備えたWebインターフェイスを使用します。計算処理、データ調査、それらを使用した正確なドキュメントを作成可能です。

統合されたSQLデータベースを通じて、干渉計算プロセスとレビューを他のDMUおよびPLM製品と統合も簡単です。

最小距離確認

バックラッシュチェッカーは、アセンブリのパーツ間および異なるサブアセンブリ間の距離が、最小距離値であることを確認可能です。

3Dモデルの設計を調べるために、このツールは製造上の問題を引き起こす可能性のある内部バックラッシュも明らかにできます。

壁厚チェック

3D CADモデルの壁厚の自動表示により、設計レビュープロセスが加速され、製品の安全性も向上させます。 このツールは、レイ方式と球方式の確認方法が設定でき、カラースケールによって定義された値を下回る壁厚を示す動的なグラフィック出力を提供します。 もちろん、厚みの差が大きい領域も特定できます。

透明表示、ダイナミックフィルター、断面カット、測定などの機能により、チェック結果が容易に判別できます。 カラースケールとマークアップ情報を含む3D-PDFモデルを保存して、Acrobat Readerソフトウェアを使用して情報共有が可能です。

ドラフトとアンダーカット

ドラフトツールは、パーツの面に対してドラフト設定値が正しいかどうかをチェックします。 金型設計者は、ドラフト角度を簡単に確認でき、面内の角度変化も調べることができます。 さらに、設計者はパーティングラインを特定することで、インジェクション面とエジェクション面を判定可能です。

アンダーカットツールは、金型から排出できなかったモデル内の孤立した領域を示します。 これらの領域には、スライダー(サイドコア)が必要です。 関連する領域はカラースケールでマークされています。

ドラフトとアンダーカットの分析は、弊社の別ソフトウェア「3D_Evolution©」で作成されたカラースケールとマークアップ情報を含む3D-PDFモデルに保存が可能です。

ホームへ戻る

ImprintData Protection© Copyright CT CoreTechnologie Group 2018