• VDA Checker

    データ品質チェッカー CADデータの品質検証

SASIGとVDA準拠の品質検証

データ品質チェッカーは、3Dデータのフォーマットに関係なく、すべての3D形状に対してチェックします。 チェックは、SASIGやVDA(ドイツ自動車工業会)4955/2のガイドラインに従ってすべての3D形状を検証します。

また、要件に応じたプロファイルを保存でき、一定の品質を保持することができます。

フェース、サーフェス、曲線、トポロジの不具合をモデル上に明確に表示し、ツリー構造におけるエラータイプのリストでは、形状とエラーのクリアをシステマティックに選択できます。 3D_Evolutionには、特定の自動ヒーリング機能とインタラクティブなクリーンアップ機能も備わっています。

長期保存データのGVPチェック

データ品質チェッカーは、航空宇宙産業と緊密に連携して開発され、国際標準化機構が定めたPDQチェックに準拠したツールです。 3D図面長期保管(LTAR=Long-Term Archival and Retrieval)に対応しています。

3Dモデルを生成するCADシステムによってSTEP AP 242ファイルに書き込まれた幾何学的検証プロパティ(GVP)値に基づき、独立した3D_Evolutionのカーネルで情報を読み込み、チェックを行ないます。 長期保存フォーマットであるSTEP AP242のバリデーションプロパティを計算し、ファイルに記録されているバリデーションプロパティとの一貫性を評価し、閾値を上回る差異を明確に表示します。 チェックプロファイルは、ユーザープロファイルとして自社や取り引き先の規定に従ったパラメータや閾値を設定し保存することができるため、一定の品質を保持することが可能です。 チェック後はチェックプロファイルが記述されたログファイルが作成されます。 また、他のチェック機能と同様に、バッチモードでの実行が可能です。

・形状の体積、面積、中心点、点群等

・アセンブリの構成数、ソリッドの重心等

・PMIのプロパティ情報

・多面体の重心、サーフェス面積等

・コンポジット(列の個数、カットピースの数等)

他の機能と同様に自動処理も可能です。

JTフォーマット検証

JTフォーマットは、国際標準化機構(ISO)に承認されている製造業界向けの軽量、且つ柔軟性のある高性能なファイルフォーマットです。 利便性の高いJTフォーマットを活用する上では、 アプリケーションによって作成されたJTファイルが特定の基準を満たしているかどうかのチェックは必要不可欠です。 3D_EvolutionのJTチェッカーは最適なJTフォーマットの流通を実現します。

ボタンを押すとツールは、自由に定義可能なユーザープロファイルによるすべての項目をチェックします。 モニカ識別子のチェックの後には、モニカを自動的に修正することも可能です。 また、ユーザー定義のプロファイルにより、データが承認されているかどうかを簡単に確認できます。

対象は以下の通りです。

・形状情報(NURBS、B-Repなど)

・LODの数と粗さ

・PLM XML(アセンブリ情報)

・メタ情報や名称、単位等の属性

・識別子の検証と自動修復

3D_EvolutionのJTチェッカーは、ダイムラー社より正式な認定を受けており、ダイムラー社の基準を満たしたツールです。

フィーチャー検証とリンク検証

フィーチャー検証機能は、データ品質を最適化するため、主要なCADシステムによるデータの各フィーチャーに対してパラメータを検証します。

リンク検証機能では、アセンブリの外部参照や、図面と3Dデータのリンク検証、ゴーストリンクの検出も可能です。

ホームへ戻る

ImprintData Protection© Copyright CT CoreTechnologie Group 2018