• 3D_Kernel_iO

    CADインターフェース・ツールキット 20以上のCADフォーマットに対応するソフトウェア開発キット

CAD 変換 SDK

3D_Kernel_IOは、アプリケーションにCADインターフェイスを柔軟に組み込むことが可能なソフトウェア開発キット(SDK)です。

製品への組み込みを行うことを前提に作られており、C++開発環境から手軽に利用することが可能な開発用モジュールです。 Windows、Linux、Mac環境に対応しています。

3D_Kernel_IOのCADインターフェイスはB-Rep形状、サーフェスデータ、モザイクデータ、アセンブリ構成、点、カーブ、および名前・属性・レイヤーなどの属性に対応しており、加えて、主要CADフォーマットのフィーチャー履歴、PMIおよびメタ情報の読み込みにも対応しています。

20以上のCADフォーマットのデータを読み込むだけでなく、誤差エッジ、重複要素、ねじれ面、微小面などの品質エラーの検出、修正機能、データ変換機能、生産要件検証機能、外形抽出機能など、お客様の仕様に合わせた機能を追加できます。

他ソフトウェアとの統合

3D_Kernel_IOのAPIは、C++言語で開発され、Microsoft Visual Studio .NETによってコンパイルされています。 3D_Kernel_IOのクラスとファンクションはCADフォーマットに対して統括しているため短期間での展開が可能です。

お客様のニーズに合わせ、APIのカスタマイズ(新機能の開発や入力インターフェイスの追加等)を行うことができます。

3D_Kernel_IOは、多国に採用されている3D_Evolutionのカーネルでもあり、長年に渡る高い技術とノウハウを活用しています。 コアテクノロジーが有している変換の専門知識でCADインターフェイス開発の労力を省くことができ、コストも時間も削減していただけます。

ImprintData Protection© Copyright CT CoreTechnologie Group 2018