• 3D_Kernel_iO

    あなたのソフトウェア開発を加速する CAD機能、3D Master、編集機能などと共に、すべての主要なフォーマットにアクセスできます

CAD変換 ソフトウェア開発キット

コアテクノロジーのインターフェイス(API)をお使いのソフトウェアに組み込むことで、28のCAD形式を迅速かつ効率よく利用できます。 ソフトウェア開発キット(SDK)である「3D_Kernel_IO」を使用することで、開発者は主要なCADインターオペラビリティ(相互運用性)の知識と経験から、大きな利益を得ることができます。

「3D_Kernel_IO」の正確かつ高い信頼性で高速動作可能なインターフェイスは、アセンブリ構造、名前やレイヤーなどのCAD属性、およびポイント、カーブ、B-REPソリッド、スキン、テッセレーションモデルなどのすべてのCADオブジェクトを処理します。さらに、各種機能、履歴ツリー、PMI、属性およびメタデータに直接アクセスできます。

「3D_Kernel_IO」は、完璧なモデル品質を保証する独自の高度な修復テクノロジーも提供します。変換プロセス中に、3Dモデルをターゲットシステムの許容誤差に適合させて、素晴らしい品質を提供できます。修復機能を有効にすると、ギャップ、オーバーラップ、ツイスト、ミニフェイスなどの問題部位が自動的に修正されます。

さらに、APIは主要なCAD、CAM、FEA、バーチャルリアリティ、および計測ソフトウェア製品を開発するお客様のニーズを満たすために、たくさんの興味深い機能を提供します。

相互運用のためのCADインターフェイス

APIを組み込むことで、現在のすべてのCAD形式をアプリケーションで利用できるようになります。コストと時間の効率が向上します。 エンジニアリングソフトウェア会社とその顧客は、さまざまな3DCADデータ形式を読み取る新しい方法を探しています。 「3D_Kernel_IO」は、C ++プログラミング言語に基づくネイティブリーダーを備えた主要なAPIです。 すべてのネイティブおよび標準フォーマットへの効率的で正確、かつ独立したアクセスを可能にします。

「3D_Kernel_IO」は、ソフトウェアの機能を拡張するために、自動修復、PDQチェッカー、アセンブリ管理、テッセレーション機能、およびモデル比較を備えた、独自の実績のある機能とモジュールを提供します。

ネイティブ インターフェイス

すべての標準およびネイティブインターフェイスは、CoreTechnologieによって開発および保守されており、最新のCAD形式バージョンのサポートを保証します。 「3D_Kernel_IO」は、アセンブリ構造、名前、曲線、レイヤーポイント、B-REPソリッド、テッセレーションモデルなどのCADオブジェクトなどの属性を読み取ります。さらに、履歴、PMI、属性、メタデータを備えた機能(DCマスター、パブリケーションなど)には、CADライセンスやアプリケーションを必要とせずに直接アクセスできます。

サポートされている形式:

•NX™•CATIA®•Creo®•SOLIDWORKS®

•ProE®/ Wildfire•Inventor®•IDEAS™

•JTフォーマット•XTフォーマット•STEPAP 203/214/242

•ACIS®•IGES

•OBJ、FBX、GLTF、GLB、STL、3MF、IFC、XGL

• などなど.....

変換プロセス中、3Dモデルはターゲットシステムの許容誤差等に応して、素晴らしい品質を提供します。修復機能は、ギャップ、オーバーラップ、ツイスト、ミニフェイスなどの問題部位を自動的に修正します。単独サーフェスのセットからでさえ、ユーザー希望の精度で自動的に密閉固体を作成できます。

ソフトウェアへの統合が容易

Windows、Linux、Mac、ARMプラットフォームの4つで利用できます。 機能は、これらの形式で標準化されています。 したがって、「3D_Kernel_IO」をアプリケーションにすばやく簡単に埋め込むことができます。

「3D_Kernel_IO」には、統合の結果を検証し、APIが提供するさまざまなオプションやコマンドをテストするための、使いやすく便利なシンプルなサンプルアプリケーションも含まれています。 また、完全なドキュメントとプログラミングサンプルも付属しています。

PMIについて

「3D_Kernel_IO」ネイティブインターフェイスは、寸法、公差、注釈、データム平面、テキストなどのPMIも読み取り可能です。すべてのリンクがジオメトリへ提供されています。 これは、メトロロジーやCAMなどのダウンストリームアプリケーションに必要です。 一般化された機能により、あらゆるCAD形式のPMIデータに簡単にアクセスでき、シームレスなPLMプロセスに重要な情報を提供します。

※PMI:Product & Manufacturing Information、製品製造情報

※PLM:Product Life-cycle Management、製品ライフサイクル管理

特別な機能

CAD、CAM、CAE、VR、メトロロジー等に特別な機能を提供できます:「3D_Kernel_IO」は、機能と履歴のためのグローバルにユニークなツールです。 この特別なツールは、CADシステムのライセンスにアクセスすることなく、バイナリファイルから直接構築履歴とパラメーターをマッピングします。 さらに、「3D_Kernel_IO」ネイティブインターフェイスは、スレッド、穴、面取り、フィレット、パターン、ドラフト、ポケット、押し出し、その他のフィーチャータイプ、およびアセンブリフィーチャーの要素情報とPMIを読み取ります。 データ構造は、現代のCADシステムで使用されているすべての機能タイプを表示可能です。

B-REPモデルの各フィーチャの関連する面は、「3D_Kernel_IO」によって識別され、簡単に追跡できます。 さらに、スケッチ、平面、データム軸などの構造要素を参照する注釈とPMIにとって重要な情報も提供されます。

テッセレーション

「3D_Kernel_IO」は、2つのオブジェクト間の幾何学的な違いを見つけることができます。 カーネルを使用すると、オブジェクトをパーツソリッド、ボディ、またはフェースなど最小距離を設定している値を検出かつ比較できるので便利です。 パラメーターは、パーツのソリッド、ボディ、または面のタイプごとに、最小および最大の距離を色変化による比較用に設定できます。

3Dモデルの正確で高速なテッセレーション、および三角測量モデルの修復機能は、デジタルモックアップ、バーチャルリアリティ、およびハイエンドレンダリングのためにCADデータを最適化します。 弦偏差、三角形サイズ、および隣接する三角形間の角度のパラメーターは、B-REPまたは三角形分割モデルの再計算に使用されます。 VRML、JT、STLフォーマットが利用可能です。

フレキシブルなライセンス

「3D_Kernel_IO」を使用すると、ソフトウェア編集者はインターオペラビリティのすべてのニーズを満たすことができ、1つのベンダー、1つのAPI、および1つの予測可能で手頃な年間ライセンス料またはライセンスコストごとに対処できます。 ライセンスシステムは、コード保護を備えたオープンライブラリ、またはコードライセンスサービスに基づくオプションのロックされたAPIとして採用できます。

お問い合わせ

ImprintData Protection© Copyright CT CoreTechnologie Group 2018